学校のあゆみ 

 西前小学校は古くから歴史のある学校です。 明治時代にはじまり、現在にいたります。

1910年(明治44年)

横浜市尋常西前小学校創立 校章・校旗ができる。
1923年(大正12年)  関東大震災により校舎・校具全焼する。
1927年(昭和2年)  青い目の人形(ポーリン)が贈られる。
1928年(昭和3年)  昔の校歌できる。
1929年(昭和4年)  旧校舎ができる。
1941年(昭和16年)  西前国民学校となる。
1944年(昭和19年)  映画『戦う小国民』が撮影される。
 湯河原町へ学童疎開する。 水泳用プールが完成する。
1945年(昭和20年)  空襲のため木造校舎が焼失する。
1946年(昭和21年)  西前国民学校を市立西前小学校とする。
1947年(昭和22年)  西戸部小学校を本校へ統合する。
1948年(昭和23年) 学校図書館を開設する。
1960年(昭和35年) 創立50周年記念式をする。 現在の校歌ができる。
1972年(昭和47年) 白黒テレビ(19台)カラーテレビ(2台)が設置される。
1984年(昭和59年) 新校舎が完成する。
1987年(昭和62年) 青い目の人形(メリースー)が贈呈される。
1988年(昭和63年) 青い目の人形、ギューリック1世一行が来校する。
1991年(平成 3年) コミュニティースクールが開設される。
1998年(平成10年) パソコンルームが完成する。
1999年(平成11年) 第1回OSF(大空スポーツフェスティバル)実施。
2000年(平成12年) 創立90周年記念式をする。
2001年(平成13年) 校庭整備完了。西前フェスタ2001開催
2004年(平成16年) 英語教育フロンティアとしての取り組み開始
2005年(平成17年)

PSY(パイオニアスクールヨコハマ)の研究指定校となり、

研究活動を推進。

2006年(平成18年) 文部科学省研究開発学校に指定され、英語活動の研究を推進。
(研究開発学校指定期間は3年間)
2008年(平成20年) 英語教育推進校として、研究授業公開。
2009年(平成21年) PSY小中一貫教育推進校として、研究授業公開。
2010年(平成22年) 創立100周年。記念式典及び記念行事、記念誌作成。
青い目の人形を贈って頂いた、ギューリック3世来校。