ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

更新情報

4年生:自分の命は 自分で守る

2016年9月28日

台風一過の9月21日、市民防災センターに見学に行き、体験ツアーにも参加してきました。

まずは、地震体験です。揺れを感じる前の余裕の姿ですが・・・正面のモニターに、家の中の様子が映し出され、だんだん揺れが激しくなり、震度に合わせて映像の中の本棚や冷蔵庫が倒れると、表情が一変・・・。「体が自由に動かせない」「暗くなったら余計怖くなった」と感想を述べ合っていました。

次は、消火器による消火体験と煙体験のコーナーです。みんなが万が一、火事を発見したら、近くにある消火器を上手に使って・・・は、NGです。大声で近くの人に知らせ安全な場所に避難します。自分の命は、自分で守ることが大切だと教えていただきました。また、煙に対する対処の仕方も体験しました。

家の中で被災した場合は、どうしたらよいかもバーチャル体験しました。災害は、地震や火事だけではありません。台風で土砂崩れがおき、家から出られなくなったら・・・

中の様子をモニターで見ている子たちは、「二階に避難だよ」「食料を持って、二階に行かないと」・・・と必死にアドバイスをおくりますが、体験者は「なんかパニックになってどうしたらいいか分からなかった」と振り返っていました。

いろいろな体験を通して、災害は身近にあるものを再認識しました。

防災(減災)意識をもち、自分の命は、自分で守れる子になってほしいと願っています。

 

5年三浦体験学習

2016年8月9日

 5年生は6月14日~15日で三浦体験学習に行ってきました。学年で話し合ってテーマを「AES(アクティブ・エンジョイ・スマイル)~一人一人が最高の三浦体験学習にしよう~」に決めて、実行委員を中心に準備してきました。

 14日は朝から三崎魚市場の見学をしました。マグロ漁や競りについてたくさん学ぶことができました。その後は三浦海岸に移動して、地引網体験に取り組みました。みんなで力を合わせて網を引いていました。網には魚やイカなどが40匹ちかくかかっていて、収獲をみた子どもたちはとても嬉しそうでした。

午後は三浦ふれあいの村に移動して海のアクティビティです。シーカヤック、砂の造形、磯の観察の3つのグループに分かれて、2時間近く熱中して取り組んでいました。夕食の後には多目的ホールでキャンドルファイヤーをしました。ゲームやダンスでとても盛り上がりました。

15日は朝からクラスレクです。ビーチフラッグスやビーチバレーなど、クラスで準備してきたものでとても盛り上がりました。その後は神奈川県立平塚農業高校に移動して、お兄さんお姉さんが畑や温室などを一つひとつ回りながら説明してくれました。質問にたくせん答えてもらい、とても勉強になりました。

あっという間の2日間でした。この体験学習を通して、学年目標でもある「Active」に取り組むことの大切や楽しさを少し実感できたようです。この経験を生かして、今後の活動も進めていく予定です。

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる