「大規模地震特別措置」に基づく警戒宣言や大規模地震、暴風警報発令などの緊急災害時に備え、児童の保護対策を次のように定めています。

横浜市内に風水害などの「警報」が発令された時の児童の安全確保についてお知らせいたします。学校では、児童の安全確保を最優先に対応してまいりますので、ご協力をお願いいたします。

警報の種類と時間 学校の対応 家庭の対応 留意点
特別警報・暴風警報・大雪警報・暴風雪警報が横浜市内に午前7時の段階で発令中の時 全市一斉に臨時休校
※学校より連絡はありません
児童を登校させない
※午前7時以降解除になっても休校
給食中止
児童がすでに登校している場合は、保護者による引き取り
授業中から下校するまで 留め置き
※引き取りが完了するまでは、学校に留め置き
引き取り  
暴風雪警報、大雪警報を伴わないほかの警報が発令された時 休校措置はありません
※学校より連絡はありません
家庭の判断で登校させる 登校させない場合は学校に連絡をする
※欠席扱いにならない
大規模地震の警戒宣言ならびに地震予知情報の広報が出た場合
※登校前
解除まで休業
※原則として、学校よりの連絡はありません
登校させない 児童がすでに登校している場合は、保護者による引き取り
※車で来航しない
  • 震度5強以上の地震が発生した時
  • 大規模地震にあたらない地震が発生し、鉄道などの運転再開が見込まれない情報を得た時
  • 周辺地域が停電となり、児童が安全に帰宅できない時
保護者(申請済みの代理人含む)による引き取り
※引き取りが完了するまでは、学校に留め置き
引き取り