「大規模地震特別措置」に基づく警戒宣言や大規模地震、暴風警報発令などの緊急災害時に備え、児童の保護対策を次のように定めています。

 

○災害等の「警報」発令および緊急時における児童の安全確保について(H27.4.17)

 
1. 登校前
 
(1) 横浜市内(神奈川県全域または神奈川県東部)に「暴風警報」および、「大雪警報」が午前7時の段階で発令継続中の場合は、児童の安全確保のため「臨時休業」とします。給食は、全市一斉に中止です。なお、遠足、修学旅行、体験学習なども延期・中止となりますが、目的地の状況により特別な場合は、学校より連絡いたします。
 
(2) 「暴風警報」を伴わない「大雨警報」や「洪水警報」については、各ご家庭で情報を把握し、安全な登校が困難であると判断されましたら登校を見合わせてください。(ご家庭の判断にお任せいたします。)そのために遅れて登校した場合、自宅待機の場合は、遅刻・欠席扱いとしませんが、学校には電話またはFAXでご連絡ください。

 
2. 登校後
 
(1) 「暴風警報」、「大雪警報」「特別警報」が発令された場合は、授業を繰り上げ、保護者の方に来校していただき、各学級での引き渡しによる保護下校とします。
 
保護者の方の来校については、メール配信にて連絡をいたします。
 
保護者が来校できない場合には、他の「保護下校時における引き取り者」に引き渡します。
「引き取り者カード」に記入されていない方への引き渡しはいたしませんのでご注意ください。
 
保護者や他の引き取り者に引き渡せない場合には、学校内に留め置き、児童を保護します。
 
(2) 「大雨警報」、「洪水警報」が発令された場合は、状況により対応します。

 
3. お願い
 
保護者の方は、テレビ・ラジオ等で正確な情報を収集し、対応してください。
 
緊急の場合を想定して、各ご家庭で保護者が留守時の連絡方法や、お迎えの代理人等についてお子様と話し合っておいてください。

 
 ※メール配信に登録されていないご家庭へは学校から電話にて連絡いたします。

 

 
警報・注意報発令状況 保護者の対応 学校の対応
授業の扱い 給食 出欠席





午前7時の時点
暴風警報」「大雪警報」「特別警報
神奈川県全域または神奈川県東部
登校させない
臨時休業
学校からの連絡はしない
全市一斉中止
 
「暴風警報」を伴わない
「大雨警報」「洪水警報」等
保護者の判断により、登校を見合わせてもよい。
学校には電話またはFAXで連絡する。
原則として平常通り
学校からの連絡はしない
原則として平常通り
登校を見合わせた場合、欠席・遅刻にならない。





「暴風警報」「大雪警報」「特別警報」
学校へ迎えに行く。 授業繰上げ
保護下校
メール配信にて連絡を流す。
状況をみて対応
 
「暴風警報」を伴わない「大雨警報」「洪水警報」 状況によりメール配信にて連絡を流し、学校へ迎えに行く場合もある。


保護下校の時
・保護者は、メール配信による連絡を確認の上、学校まで児童を引き取りに来てください。
・引き取りに行けない場合は、前もって学校に届けてある引き取り者に頼んでください。
・保護者や他の引き取り者に引き渡せない場合は、学校で児童を保護します。
 

「メール配信内容例」
 
 
 
「○○警報」が発令されました。よって、各学級での引き渡しによる保護下校を行います。学校へ児童を引き取りに来てください。
 


○「地震注意情報」発令のときの対応について(H27.4.17)

 1.在宅中に「地震注意情報」が発せられた場合 → 臨時休業

 2.在校時に「地震注意情報」が発せられた場合 → 保護下校