ページの先頭です 本文へスキップ

ホームいずみ野小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

学校全景

更新情報

6年生が、救命救急法を学びました

2018年6月18日

 

6年生が、救命救急法を学びました

 6月18日(月)第5校時に、6年生が救命救急法を学習しました。講師は、泉消防署いずみ野出張所の職員。

 心臓マッサージの方法やAEDの使い方など、いざというときの救命救急法を丁寧に教わりました。たとえば、心臓マッサージは1分間に100~120回の速さで胸骨を圧迫するので、「もしもしカメよ、カメさんよ・・・。」と歌いながらそのリズムに合わせると良いとか、AEDは必ずアナウンスを音声で発してくれるのでその通りにやれば良いといった具合。

 実際にやった子供たちの様子を見て、いずみ野出張所長 山下 さんは「子供たち、みんなとても上手です。」とおっしゃってくださいました。いざというとき人命を救うことができる人に一歩近づいた、ありがたい授業でした。

     

▲ いずみ野出張所の職員の方が、丁寧に教えてくださいました。

 

 ▲ 教わったとおりに、ダミー人形に心臓マッサージを施します。

▲ 「みんな、上手です。」と、おほめの言葉をいただきました。

地域の運動会に参加しました

2018年6月18日

地域の運動会に参加しました

 6月17日(日)午前中、本校に隣接するグリーンハイムA地区の運動会が本校体育館で行われました。

 本校教員もご招待を受け、玉入れをはじめ、ムカデ競争、パン食い競争など、昔懐かしい競技に興じました。地域と学校が連携・協力することは、子供たちの教育にとって大切なことです。そのきっかけとなる行事、これからも大切にしていきたいですね。

▲ 玉入れ。子供も大人も、大ハッスル。

▲ ムカデ競争。かけ声に気持ちも合わせて、「いち、に。いち、に。」

▲ 二人三脚。楽しくゴール。

 

3年生は、カイコを育てています

2018年6月15日

3年生は、カイコを育てています

 3年生は、理科「こん虫を調べよう」の学習の一環として「カイコ」を育てています。

 ご存じの通り、カイコ(幼虫)はクワの葉を食べながら育ち、やがて糸で繭玉を作ってさなぎになり、カイコガ(成虫)となります。主にモンシロチョウを教材として扱って学習することが多いのですが、その発展としてほかの昆虫を育てながら昆虫の生態を学んでいくこともあり、その代表格が「カイコ」です。

 カイコは比較的育てやすいのでこの単元の学習には適していますが、大きくなるとえさの入手が難しくなるのが課題です。えさが手に入らない学校では、「クワの葉ソーセージ」なるものを使って育てることもあります。幸い いずみ野小学校にはえさ(クワの葉)が豊富にあるので、ちゃんと育てられるかどうかは自己責任。

 3年生の子供たちは、日々えさやりだけでなく糞の始末などもきちんとやっています。引き続きちゃんと育てて、昆虫の特徴をしっかり学んでください。

▲ 3年生が一人一人育てているカイコ。これは3齢くらいでしょうか。

学び隊の生産活動、真っ盛り

2018年6月15日

 学び隊の生産活動、真っ盛り!

 本校学び隊の、最近の活動の様子をお伝えします。

 学び隊は、毎週火曜日・金曜日、朝7:20頃から約1時間活動しています。

 農家の横山 正美 さんにお借りしている畑は、約300坪。今育てているのは、ミニトマト、トマト、ピーマン、キュウリ、ナス、ジャガイモ、トウモロコシ、スイカです。正美 さんが講師となって農作業のやり方を教えてくださるので、まさに「農業実習」の朝練です。

 6月15日(金)の朝は、「トウモロコシが虫に食べられないようにする育て方」を教わりました。トウモロコシの穂先(トップ)には雄花が伸びており、風に吹かれたときに花粉が飛び、雌花に付くようになっています。受粉した結果トウモロコシの実ができるのですが、何個か実が付き始めたところで穂先の雄花を摘むと良いのだそうです。そうすることによって雄花に虫が寄って来なくなるので、結果的にトウモロコシの実は虫に食われないですむということです。

 この時期は、キュウリやナスが収穫期を迎えています。ミニトマトも、色付き始めました。作業中の畑からは、次のような会話が聞こえてきました。

 「先生ね、一番ナスが好きなんだ。」そう子供に語りかけていたのは、石○先生。その横で「○○さんのナス、もう(収穫しても)いいと思うよ。」と友達に声をかけている子供。「おうい、○○さんのトマト、わき芽とった?」といった会話も聞かれます。なんと微笑ましい光景でしょうか。

▲ 学び隊の子供たちにこの時期のトウモロコシの育て方を伝授する、横山 正美 さん。

▲ ミニトマトを収穫する子供。

▲ ミニトマトその1。品種は「アイコ」。とてもジューシーです。

▲ ミニトマトその2。品種は「イエローアイコ」。「アイコ」に続いて開発されました。とってもフルーティー。

▲ 穂先の雄花を摘み取ったトウモロコシ。こうすると、実に虫が付かないそうです。

▲ 実が付き始めたトウモロコシ。品種は「ゴールドラッシュ」。今、とてもおいしいと評判の品種だそうです。

▲ ナスが伸びてきたので、棕櫚(シュロ)ひもで支柱に結びます。

▲ 色つやの良いナス。品種は「千両2号」。昔から育てられているポピュラーな品種だそうです。

▲ ピーマン。品種は「京緑」。形が良いのが特徴で、料亭などで出されるそうです。

▲ スイカ。品種は「大魔神」。大玉スイカで、皮が黒くなるのが特徴だそうです。

▲ キュウリ。品種は「夏涼み」。病害虫に強く、食味が良い品種だそうです。

▲ ジャガイモ。品種は「きたあかり」。色が黄色くて、甘みがあるのが特徴だそうです。

 これから夏に向けて自分が育てた野菜が次々に収穫できますが、それは「いずみ野小学校学び隊」ならではの、最高の喜びですね。引き続き、大切に育ててください。

給食試食会

2018年6月14日

 6月14日(木)、PTA主催で給食試食会を行いました。

 はじめに、校長先生のお話。本市学校給食や本校給食の特徴、アレルギー対応や検食(児童より前に実際に食べて検査すること)のお話などがありました。

 続いて、栄養士の山本先生のお話。栄養摂取と健康管理について、専門的なお立場からお話をうかがいました。

 そして、いよいよ試食。今日のメニューは、チーズパン、牛乳、スパゲティーミートソース、キャベツサラダ、メロン(赤肉)でした。特別に、校長先生より通称「検食簿」と呼ばれる検査簿を見せていただきながら、試食しました。

 ぜひ、お子さんに「今日の給食はどうだった。」と聞いてみてください。

▲ おしゃれなテーブルクロスで、ちょっとグルメ気分。

▲ “ 洋風ランチ ” で、楽しく会食。

 詳しくは、後日、PTAよりご報告させていただきます。

実り多かった4年生上郷宿泊体験学習

2018年6月14日

 実り多かった 4年生 上郷宿泊体験学習

 6月13日(水)、チャーターバスで学校を出発した4年生一行は、まず最初に「川井浄水場」を見学しました。浄水場の見学は、社会科「水はどこから」の一環として学習に資するものです。浄水場で働く人によるレクチャーの際には様々な質問をして、有意義な学習をすることができました。

 昼過ぎに「上郷森の家」に到着し、「モンキチョウ広場」と称する自然豊かな広場でおいしいお弁当を食べました。緑に囲まれた広場で食べる手作りのお弁当は、最高。みんな、笑顔で食べていました。

▲ 「上郷森の家」のロビー。きれいです。

 午後は、「ミズキの道」でウォークラリー。道に迷ったグループもありましたが、どのグループも途中の課題をこなし無事にゴールすることができました。

 4年生、上郷で元気にキャンドルファイヤー!

 夕食後は、「ミニドーム」でキャンドルファイヤー。4年生55人はファイヤーレクを初めて体験するので、引率教員5人とボランティアの引率学生2人に加え、学校から仕事を終えた教員10人が【キャンドルファイヤー応援隊】として出動。17人体制で、子供たちのファイヤーレクを全面サポートしました。その甲斐もあって、子供たちは歌に、踊りに、ゲームに興じ、最高のファイヤーレクを体験することができました。きっと、生涯忘れ得ない思い出となったことでしょう。

▲ ファイヤーを囲んで、歌ったり踊ったり。

▲ 誰もが、“熱踊”でした。 

▲ 担任も、名演技を披露しました。 

 ファイヤーレクの後は、ホタルの鑑賞。ホタル池まで夜道を歩き、静寂に包まれながら息を潜め闇を見つめていると・・・。「あっ!」「光った!」みんな、心の中で静かに叫びます。1つ、2つ、・・・100以上はとび回っていたでしょうか。ふと気がつくと、足下や手が届くようなところにも!

 子供たちは、平安貴族になりきって “ いとゆかし ” の世界を堪能していました。

▲ 夜の山路散策。この奥が、ホタル池。

 その後、部屋レクや「かわせみの湯」での入浴。ファイヤーレクの汗も流して、就寝しました。

▲ 楽しい部屋レク。みんなで、カードゲームに興じていました。

▲ 大浴場「かわせみの湯」で、入浴しました。

 2日目の6月14日(木)、野外炊事場で飯ごう炊さんを行いました。子供たちは初めての野外炊事でしたが、手際よくおいしいカレーライスを作りました。

 学校に帰ってからの帰校式では、どの子の顔にもやりきった達成感と満足感でいっぱいの笑みがあふれていました。

▲ 帰校式で、充実した“上郷”の活動を振り返る子供たちの様子。

 お子さんがお帰りになりましたら、ぜひ様々な「体験武勇伝」に傾聴してください。

4年生が上郷宿泊体験学習へGO!

2018年6月13日

4年生が上郷へGO!

 6月13日(水)~14日(木)は、4年生の一大イベント「上郷宿泊体験学習」です。小学校生活で初めての宿泊行事とあって、子供たちはわくわくどきどき。

 初日のスタートは、出発式。司会は、実行委員。校長先生のお話の後、みんなで元気にスローガン「協力・仲よし 上郷へGO!」をコールしました。大勢の見送りの先生方に「行ってきます。」の挨拶をし、チャーター市営バス2台に乗って学校を出発しました。

 これから1泊2日、充実した体験ができるとよいですね。

▲ 出発式の様子。

▲ 子供たちが考えたスローガン「協力・仲よし 上郷へGO!」が書かれた、しおりの表紙。

▲ 見送りの先生方に、元気よく挨拶。

▲ 荷物を背負って、いざ出発。

▲ 市営の貸し切りバス2台に分乗。

 

田植え、大成功!

2018年6月7日

 田植え、大成功!

 6月7日(木)、4~6年生の子供たちが、本校の一大イベント「田植え」を行いました。

▲ 今朝、苗の様子を本校職員に指導する 横山 義一 さん。

 夜来の雨も上がった絶好の天気の下、横山 義一 氏の所有する田んぼをお借りして、午前中の前半は1組グループ、後半は2組グループが、田植えの学習を行いました。

 4月に蒔いた種籾から育てた苗も大きく生長し、今日の田植えにはちょうどよい頃合い。それを水洗いしながら泥を落として、いよいよ田んぼに植えます。どの子も素敵な生産体験活動に対する期待に胸をふくらませながら、一生懸命田植えをしました。 

 今日の田植えに至るまでには、先日の草刈りをはじめ、田んぼで泥んこの代かき、今日の苗の泥落としや田植えのフォローと、多くのご支援がありました。順調に作業が進んだのは、日々の田んぼ管理をしてくださっている横山 義一 様をはじめサポーターズや地域、そして保護者の皆様のご協力のおかげです。皆様のご協力に感謝いたします。本当にありがとうございました。

 横浜市立いずみ野小学校長 松藤 朋治

ヤゴがトンボになりました!

2018年6月7日

 ヤゴがトンボになりました! 

 6月7日(水)の朝、1年生の教室では大騒ぎ。それもそのはず、昨日採ったヤゴが羽化したのです。

 廊下を通りかかった校長先生に、子供たちが「校長先生、ヤゴがトンボになったの!」と呼びかけました。校長先生が教室を覗くと、子供たちが一斉に天井を指さしました。その先には、羽をぴんと張ったトンボがしっかりと天井につかまっていました。

 しかも、一匹どころか数匹も羽化したようで、中には図鑑と見比べて調べている子もいました。

 教室は、とてもほほえましいムードに包まれていました。

▲ 「校長先生、トンボ、トンボ!」

▲ 天井にしっかりとつかまる、羽化したばかりのトンボ。

▲ 「これだ!」早速、図鑑で調べる子もいました。

▲ 小枝の先にしっかりとつかまる、羽を広げたばかりのトンボ。

プールのヤゴを採りました!

2018年6月6日

プールのヤゴを採りました!

 6月6日(水)、1~3年生がプールのヤゴ採りをしました。プールのヤゴ採りは、今から約30年前に、横浜市内の各校で始められるようになりました。きっかけは、池や田の減少。本来トンボは池や田などの水場に産卵するのですが、近年そのような環境が少なくなり、学校のプールにも産卵するようになりました。プール清掃のときにプールの水を流してしまうと、すべてのヤゴは下水管に流されやがて死んでしまいます。それを救出して育てようというのが、「プールのヤゴ採り」の企画です。

 今年度の本校のプール開きは、6月22日(金)の予定です。そして、プール開きを行う前にプール掃除を行いますが、6日(水)の朝、プールの水抜きが終わりました。その際、水底に潜んでいたヤゴやそのすみかとなっていた藻などを、教員がプールサイドに取り出しました。

 それからが、子供たちの出番。1時間目に1~3年生の子供たちがプールサイドに繰り出しました。ここ数年本校ではやっていなかった企画なので、子供たちは興味津々。初めてのヤゴ採りとあって、「どうやって取るのかな?」「たくさんいるのかな?」と心配する子もいました。ヤゴを見つけて持参のボトルに入れると、口々に「捕まえたよ!」と大喜び。

 採ったヤゴのほとんどは、シオカラトンボやアキアカネのヤゴでした。トンボへの羽化、そして大空へはばたく日が、待ち遠しいですね。

▲ ヤゴ大好きの副校長先生も、大ハッスル。

▲ 水底のヤゴや藻をプールサイドに上げた途端、子供たちが寄ってきて「うわあっ、いっぱいいる。」と歓声。

▲ 「いる、いる!」子供たちは、小さいヤゴも見逃しません。

▲ プールサイドの様子。

ヤゴがトンボになりました!

更新日: 2018年6月7日

非行防止教室を行いました

更新日: 2017年7月10日

開校開港記念式がありました

更新日: 2017年6月4日

1年生を迎える会がありました

更新日: 2017年4月15日

スプリングコンサート

更新日: 2017年3月10日

芸術鑑賞会

更新日: 2016年10月7日
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる