ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム伊勢山小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

 

満開の桜

 

学校からのお知らせ

あいさつ ともだち チャレンジ やくそく

更新情報

来年の6年生の修学旅行は・・・。

2018年7月12日

 先週、本校は、個人面談週間でした。たくさんの保護者にご来校いただき、それぞれの子どもたちの学習の状況や学校生活の様子をお伝えする中で、情報を共有し、信頼関係を深めることができたものと思っています。その中で、5年生の保護者から「来年の修学旅行は・・・?」という話が出たと聞きました。学校便りでもお知らせしたように、新しい学習指導要領の実施に伴い、来年度より6年生の宿泊体験修学旅行を2泊3日にします。学習先は、本年度同様の妙高で進めています。学習活動の内容、施設面、学生指導員の確保の面、交通の便なども考慮して現行の場所が最適と考えています。活動内容については、2泊となることで縮小されますが、その中で子どもたちに体験させたい内容を学習との関連で精選していく予定です。宿泊体験活動もそうですが、学校の教育活動についての疑問や相談があれば、いつでも担任にご連絡ください。本校は、学校・家庭・地域が一体となって子ども成長を支えられる学校であり続けたいと考えています。今後とも懇談会等への積極的な参加をお願いいたします。

  

今月は、5年生です。素晴らしい・・・。

2018年7月9日

 今月の音楽朝会は、5年生の発表でした。宿泊体験学習も終え、学年としてのまとまりも少しずつ生まれてきています。そんな中までリコーダー奏と合唱をしました。リコーダーは、今年から学習しているアルトリコーダーも取り入れて、息の強さに気を付けて「エーデルワイス」を。合唱は、音の重なりを感じて「アクロス ザ ロード」を。高音を響かせて美しい合唱を聞かせてくれました。データが大きく、音源が添付できません。しばらくお待ちください。

   

 

オレンジベストがBEST!!

2018年7月9日

 「ベストがBESTですね。」これは、中和田中学校の山校長先生のコメントです。金曜日の夜に中和田中学校区の地区懇談会が本校でも開催されました。『子どもたちの安全を地域でどう見守っていけばよいか?」というテーマで学校の教員と保護者と地域の方々で意見交換を行いました。基本的にはどんなに大人が気を付けても、最終的には子ども自身が自分の身を守る力を高めなくてはいけない。このことは、学校でも指導するが、家庭でも指導を繰り返す。そして、地域もできる範囲で協力をしていく。そうした中で伊勢山小学校のオレンジベストは素晴らしい。このベストを保護者が着用することで、この街は犯罪に対しての意識が高い街であると認識させることが大切であるという話も出ました。PTAの役員会でも、毎月1日は「オレンジベストの日」として、全保護者で着用しようという提案が出ています。各グループの話し合いの結果は、昇降口前の掲示板に掲示されています。是非、ご覧ください。また、忙しい中ご参加いただいた方々ありがとうございました。

  

野生のメダカは、どうして生きているの?

2018年7月6日

 5年生の理科の学習に「魚のたんじょう」という単元があります。継続的にメダカを飼うことで生命の連続性について学ぶ学習です。その中で、野生のメダカは何を食べているのだろう?誰が餌をあげているの?などの疑問が生まれてきます。そこでメダカの生息している池などの水を汲んできて、顕微鏡で見てみることにしました。すると「いる!いる!」「何かが動いている!」初めて見る生き物に感動です。先日行った顕微鏡の使い方の学習が生かされています。「なるほど、目には見えないけれど小さな生き物がたくさんいて、メダカの餌になっているんだ」6年生になると、妙高で源流体験をします。その際にも水中の小さな生き物の観察をします。この感動・興味関心をつなげて大きな学習にしていきたいですね。

  

 

  

中和田中学校区でできることは・・・?

2018年7月4日

  月曜日に中和田中学校で中和田中学校ブロックの「横浜子ども会議」が開かれました。中和田中学校ブロックは(中和田中学校、伊勢山小学校、和泉小学校、中和田小学校)の4校です。「横浜子ども会議」は、誰もが安心して豊かな学校生活を送るために、子ども自身に何ができるのかを考える会議です。昨年度、横浜では「いじめ問題」が大きな課題となり、各学校で「いじめ」の問題とどう取り組んでいくか?「いじめ」の起こりにくい学級や学校をどう作っていくかという実現可能な具体の取り組みについて話し合いました。今年度のテーマは一歩進めて、「いごこちのよい学校」。一人一人に居場所がある学校というテーマで話し合いました。問題が難しく、なかなかこれといった取り組みは見つかりません。でも、中学生のリードのもと、それぞれの学校で今まで行ってきた活動を紹介し合う中で、やっぱり「あいさつ」を大切にしていこうということで話し合いがまとまりました。今後は、各学校でここで話し合われたことを生徒会や児童会で話し合い、年間の取り組みとして展開していきます。本校からも運営委員の5年生と6年生が代表として出席しました。今後の取り組みが楽しみです。

  

繰り返し指導します!

2018年7月2日

  本日の朝会の話は「自分の命は自分で守る」。今年度も何度か話していますが、過日の関西での大きな地震を受けての話です。教育委員会からの指示もあり、先週の月曜日(6年生は妙高宿泊体験中)の放課後、教職員が学区の危険個所の確認に出かけました。家庭訪問でも、通学路の安全確認をし、スクールゾーン対策に向けて、保護者の方々にも安全確認をしてもらっています。さらに、毎朝、学援隊・見守り方の方々にも安全を見守ってもらっていますが、やっぱり最後は自分です。安全に対するアンテナを高めることで、自分自身の命を守ることができます。これから夏にかけて、集中豪雨や台風などもあります。強い風、短時間の大雨で予期せぬ事態になるかもしれません。是非、自分自身の通学路をもう一度、自分の目で確認してください。今日からは、個人面談も始まります。保護者の方とも通学路についてもう一度話し合ってみてください。大切なみなさんの命を守るためには、何度でも指導します。

流行り言葉でいうと「半端ない楽しさ?」

2018年6月27日

 昨日まで6年生は4泊5日の長期宿泊体験・修学旅行に妙高高原に行ってきました。「妙高の自然にふれ、仲間と自分をステップアップ」というスローガンのもとに宿泊体験学習を行いました。自然の家が高圧線切断のため、停電という環境でしたが、自家発電ですべての活動は支障なく行うことができました。また、天候にも恵まれ、すべて予定通り、想定以上の活動を行うことができました。多くの方に支えられ、実りの多い体験学習となりました。写真を多く掲載します。本校の宿泊体験学習の様子をご覧ください。

   

   

   

    

   

    

   

学校だより更新しました。

2018年6月25日

7月号のテーマはチャレンジです。

目の色が・・・。

2018年6月22日

 7月号の学校便りのテーマが「チャレンジ」ですが、5年生が新しい学習に目を輝かせています。今週から、理科の学習で顕微鏡を使う学習が始まりました。理科支援員の石川先生に使い方を教わり、今まで見たことのない世界を見ていました。新しいものに出会う、わくわく。目の色が変わり、学習への興味が格段に高まります。教材や題材への出会いを工夫し、これからも児童の興味関心が高まる学習を心掛けていきたいと思います。

  

多くの人たちが守っています!

2018年6月15日

 本日、今年度のスクールゾーン対策協議会が開催されました。校外委員さんが、今日までに学区を点検し、危険個所を資料にまとめてくれました。事前に土木事務所、警察、区役所の担当者と現地も視察し、それに基づいて対策を協議しました。日常的に安全見守りを行ってくれている地域の方々も参加して、具体的な対策が話し合われました。施設や設備の面でできることは、大人の責任で行う。その上で、最も大切なことは、子ども自身が事故にあわないように危機管理をすることだという意見が多く出されました。学校でも児童に繰り返し指導をします。各家庭でも機会をとらえて、一緒に外出をする際などにも自分自身を守る力を伸ばすようにして下さい。たくさんの大人たちの思いに応えてください。校外委員さんご苦労様でした。

  

 

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる