ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

☆公開授業研究会にご参会の皆様へ☆

本年度の公開授業研究会は盛会のうちに終了いたしました。

参会者の皆様には、研究協議会やアンケートに貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。今後の研究に生かしていきたいと思います。

基調提案の様子

更新情報

地産地消(横浜でとれた野菜)

2016年11月21日

はま菜ちゃんこんにゃくだいこん

11月17日

 横浜市では、平成18年度からJA横浜と連携して地産地消の取組を始めました。
 今年度もJA横浜と生産者の協力を得て、本日の「はま菜ちゃんこんにゃくだいこん」に使用するだいこんについて、横浜市内産を使用しました。味が浸みて児童に大好評でした。

(栄養教諭 髙岡)

ニュージーランドのことをもっと知る

2016年11月21日

 ○×クイズ

11月16日

日枝っ子前向き委員会主催で、初の試み「ニュージーランドの理解を深める会」(集会)を行いました。6年児童が台本を考えた劇を見たり、クイズをしたりしました。日枝っ子たちは、よりニュージーランドのことが知ることができたようです。国際理解教室の講師も、集会を楽しんでいました。

(髙瀨)

カルナのバターチキンカレーを作ったよⅡ

2016年11月18日

カレーづくり

11月10日

 今回で2回目、前回に作ったときの記録をもとにレシピを作り、子どもたちだけの手で作りました。4時間後に完成したカレーを試食した子どもたちは、「おいしいんだけど、カルナのカレーと比べて何かが違うような…?」と複雑な顔をしています。カルナのカレーは再現できるのか? これからの活動に乞うご期待!  

(齋藤)

創立記念日

2016年11月11日

赤飯 お祝いのケーキ

 今日の給食は、日枝小学校の106歳の誕生日をお祝いして、赤飯の献立にしました。
 赤い色には病気などの災いを払う力があると信じられてきました。そのため昔から、お祝いのときに赤飯を食べます。
 今回初めて学校で赤飯を炊きました。炊きたての赤飯はモチモチしていて、大好評でした。

(栄養教諭 髙岡)

プロにうどん作りを教わりました!

2016年11月7日

うどん作りの様子

 5.6.7.8組に、関内のうどん店の方3名が来校し、うどん作りを指導してくれました。とても丁寧に教えていただいたことで、試食をした交流級の先生方から、「ツルツル、シコシコでとてもおいしい。」と感想をもらいました。児童はとても喜んで、次のうどん作りに向けて活動意欲が高まっています。

(目黒)

カルナと「みなみやげ」

2016年11月2日

カルナのバターチキンカレーは南区の「みなみやげ」にも選ばれています。まちに数ある店の中からどうしてカルナが選ばれたのか、カルナが閉店した後、「みなみやげ」がどうなったのか、南区役所の区政推進課の方にお話をしていただきました。

(齋藤)

カルナのバターチキンカレーを作ったよ

2016年10月31日

カルナのカレーづくり

 10月27日、カレー作りの3回目、いよいよ最終目標のカルナのバターチキンカレーをクマルさんに教わりながら作りました。まちにあった「カルナ」というネパールカレー店のバターチキンカレーを再現して、まちの人たちに紹介したい、という子どもたちの思いに応えて、元店主のクマルさんが学校に来てくださいました。クマルさんとは4か月ぶりの再会です。

 9時に調理を開始して5時間後の14時に念願のバターチキンカレーが完成しました。「あまくておいしい。」「この味だよね。」…。パクパク食べる子、じっくりと味わいながら食べる子、食べ方はそれぞれですが、子どもたちの顔が自然と笑顔になりました。

(齋藤)

蒔田公園「ふれあいアクアパーク」 生き物探し

2016年10月28日

生き物を捕まえた子ども

 大岡川の生き物を捕まえ、飼って調べている4年2組。横浜川崎治水事務所の方から許可をいただき、生き物探しをしました。目の前に、ボラの群れや弘明寺とは違う魚、カニやエビを見つけて、思っていたよりもたくさんの生き物が日枝のまちにもいることを実感しました。 

(山口)

お祭りで使われた竹をもらったよ!

2016年10月28日

竹を切る子どもたち

 山王町の大谷技建さんから例大祭で使われていた竹をいただきました。太く、青々した立派な竹を見て子どもたちは目を輝かせていました。大谷さんの「竹を有効に使ってね。」という言葉を胸に、何を作ろうか考えているところです。

(加藤)

日えのまちの「にこにこ」を見つけに行こう。

2016年10月27日

まちたんけん 2年2組

  「お三の宮日枝神社例大祭」のポスターを探し歩いたことをきっかけに、様々な「にこにこ(日枝のまちで働く素敵な方々)」に出会った子どもたち。それぞれがなかよくなりたい「にこにこ」を見つけに、まちに出かけました。

(門田)

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる