ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム阿久和小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

 

更新情報

平成30年 全国健康づくり推進学校優良校 受賞

2019年2月4日

平成30年全国健康づくり推進学校優良校 受賞

記念撮影

(上:養護教諭・校医の小泉先生 下:学校長・副校長)

 これまでの取組が評価され、平成29年度に本校は『横浜市学校保健優秀学校』に選ばれました。

その横浜市での取組を受け、平成30年度は『全国健康づくり推進学校優良校』として、横浜市立小学校からは本校のみ選出されました。

2月2日表彰式に学校長が出席し、2月4日の朝会では全校児童に受賞についての話をしました。

「体調の悪いときだけでなく、子どもたちの普段の元気な様子を見れたことがよかったです。養護教諭だけでなく、子どもたち、支えてくれたたくさんの職員、地域の方々やPTA,校医さん、みんなでもらった賞だと思います」朝会での養護教諭の話より

これからも、小学校全体で取組を続けていけたらと思います。

 

あくわ博の様子

2019年1月22日

~あくわ博の様子~

 

1年生~おまつり~

北原白秋の詩を11人の群読で発表しました。自分の出番を考えながらたいこのリズムに合わせて、伝わるようにはっきり言うことなど1年生の子どもたちにとって難しいことがいっぱいでした。

 

 しかし、練習を積み重ね、一人ひとりが、堂々と大きな声で伝えることができるようになりました。あくわ博当日も立派にできました。おみこしも、1年生が協力してつくり、力を合わせて担ぎました。

 2年生~にん・ニン・忍者~

劇で自分たちを伝えたい、という思いから始まった今回のあくわ博。「表現する」を中心に、「笑いがある劇がいいね」「楽しい劇にしたいね」など子どもたちの思いがぎゅっとつまったものになりました。

 

 あくわ博の期間、すっかり忍者になりきっていた子どもたち。当日も、個性豊かな忍者になりきって、一人ひとりが堂々と演じていました。小道具で出てきた巻物は、あくわ博の後、自分でもつくってみた子が何人か出るほど人気のアイテムでした。

 
 

 3年生・すごいぞカイコ~カイコのひみつ大発見~・

総合的な学習の時間で、5月からカイコを研究してきた3年生。

あくわ博でも、自分たちの学んできたことを伝えようと考えました。

   落語のように話すスタイルは、「自分たちにはこれが合う」と子どもたちが選んだものです。カイコの大きくなる様子や糸を出す様子が見ている方に伝わるように様々な工夫がされていました。カイコを大切にしてきた思いがよく分かりました。

 4年生~笑顔輝け あくわ太鼓~

音楽でたくさん触れた経験や、昨年度の4年生が大太鼓の発表をしていたことなどから、自分たちも大太鼓を使った発表をしたいと考えた4年生。息を合わせて、同じタイミングで叩くのに苦戦していました。

 
 太鼓を置いていた特訓部屋での練習を重ね、自信をもって表現できるようになってきました。光るペンライトを使った表現も、自分たちの好きなものをもとに考えました。自分たちで課題を見つけ、どうすればよいか考え、次の練習に生かす、4年生らしい姿が見られました。  

5年生~HARUKA 3色コラボver~

子どもたちと内容を考えていく中で、学習の延長として「できるようになったマットの技を見てもらいたい」「習ったソーイングで何かつくってみたい」「一代目HARUKAを超える演舞がしてみたい」という意見が出されました。

 最終的に全部を取り入れよう!ということになり、不安ばかりでしたが、どのグループも自分たちの力で工夫・練習を重ね、見事にやり切ったことに拍手を送りたいです。

6年生~レンタル夢ショップ~

 子どもたちに最後のあくわ博で何をしたいか尋ねると、ほぼ全員が「劇!」と即答でした。昨年の「ジョンマン」を超えるべく、今年はダンスも演技も背景もみんなでつくっていくことを大切にしました。

 そして迎えた本番当日、ステージの中央にみんな集まり、エンジンを組んで臨みました。

全員でやり遂げた達成感と学級の力が一つになる瞬間を感じられたあくわ博となりました。

3・4組~ぼくたちの大切なもの~

真っ白い布にカラーテープを貼って一つの作品にしていく今回のビックアート。初めはテープを重ねすぎたり間を開けすぎたりしてうまく貼れませんでした。また、自分のことに一生懸命で、

 譲り合うことができませんでした。しかし、だんだん上手になって、お互いのことを考えながら、「みんなで一つのものをつくりあげる」というように考えが変わってきました。そこからは「力を合わせてよりよいものをつくろう」と気持ちがどんどん高まっていきました。

スペシャルゲスト

~いずみ野中学校吹奏楽部~

 阿久和小学校の卒業生も在籍している、いずみ野中吹奏楽部の演奏です。構成がとても工夫されていて、劇やすてきな演奏を楽しむことが出来ました。

スペシャルゲスト

~松陽高校書道部~

日頃から交流のある松陽高校の書道部によるパフォーマンスです。曲に合わせて、歌詞が次々と書かれていていきます。ステージ上の「あくわ博」の題字も書道部に書いてもらうことができました。

スペシャルゲスト

~隼人高校レクリエーション部~

レクリエーション部からは、ソーラン節などのダンスを披露してもらいました。みんながそろった美しく、また力強い迫力のある動きに子どもたちは驚いていました。

  全校合唱

今年は、みんなで1つの歌声になるように工夫しました。そのため、低学年は高学年を目標に、高学年はそれを支える声が出せるようにがんばりました。アルトパートは、4・5・6年から立候補で決め、朝練でパートとして1つになるために練習してきました。

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる