大鳥中学校は、挨拶運動をはじめ、多くの地域ボランティアの方に支えられています。創立70周年の今年度、あらためてボランティアの皆さんの地道な取組に感謝の思いを強くしたものです。今回、その活動への感謝の気持ちをお伝えし、功績の大きさを称える機会を得ることができました。左の写真は、3月1日生徒朝会に先立って行った「所長感謝状」贈呈式です。8年前から毎年、体育大会や文化祭前に学校の敷地内外の樹木の剪定や、雑草刈りなどを続けてくださり、鳥中生が安心して生活できる環境作りにご尽力くださった 高良(たから)さん。横浜市教育委員会事務局 東部学校教育事務所の水木所長から直接「感謝状」が手渡されました。水木所長は、平成2年度から3年間、大鳥中学校校長としてお世話になった先生でもあります。

右の写真は、3月3日(日)横浜サイエンスフロンティア高校のホールで行われた「教育委員会表彰」での記念写真です。横浜市立学校で10年以上教育活動を支えたり、教育環境を整えてくださった地域の方をはじめ、文化・芸術・スポーツなどで優秀な成績を収めた児童・生徒が表彰されました。大鳥中学校からは、中尾さんと井川さんが表彰されました。中尾さんは28年間、井川さんは16年間の長きにわたって、生徒昇降口のある「ふれあい広場」などに生け花を生け続け、鳥中生が少しでも安心して心豊かに学校生活が送れるようにと、優しく温かいまなざしで鳥中生を見守ってくださいました。

大鳥中学校は、このように多くの地域の方に愛され、支えられています。