11月29日(木)1階理科室からの火災を想定した避難訓練を行いました。鳥中生全員が静かに整然と避難行動を取る様は、見事!立派!私の長い教員生活の中でも出色の避難訓練です。放送での避難指示からグランドに整列・点呼が完了するまで、わずか6分。写真は、訓練を終わって教室に戻るのを待っているところですが、一切乱れは見られませんでした。私からは、いざという時自らの命を守るためにも、集団で避難行動をとるときにも、「油断大敵」であることを鳥中生に訴えました。火事にしても、地震にしても、不審者に出くわしたときにも、具体的にどんな行動をとれば良いのか、しっかり考えておくことが、いざという時に役に立ちます。油断や気の緩みは、最大の危険をもたらします。充分心していきましょう。さて、「油断大敵」という言葉の由来をご存じですか?興味のある人は調べてみてください。