11月22日(木)大鳥中学校創立70周年記念式典を行いました。多くのご来賓の皆様、保護者の皆様にご出席いただき、第1部では、横浜市教育委員会教育長 鯉渕様、地域代表として藤木企業代表取締役会長 藤木様、卒業生代表として元市会議長、フジ企画代表取締役 藤代様 より、お祝いの言葉と生徒への熱いメッセージを頂戴しました。世界一の港よこはま、大鳥中で学んだことに自信と誇りをもっていきなさい。と力強く励ましていただきました。生徒代表として登壇した生徒会長 田中さんも70周年にふさわしい堂々とした挨拶でした。校歌斉唱では、いつも通り、3年伊藤さんの指揮、3年竹内さんの伴奏で厳粛な式典を立派に締めくくってくれました。そして、第2部。八聖殿館長 相澤様のご協力で作成したスライドを使用して、藤原先生から本牧地区の歴史とともに、大鳥中学校70年の歩みが紹介されたあと、神奈川県警察音楽隊の皆様による吹奏楽演奏、本校第60期卒業生で、シンガーソングライターとしてメジャーデビューを直前に控えた 岸 洋佑さんによる講演・演奏を楽しみました。鳥中生にとって身近な存在でもある卒業生、岸さんから、「親や友達を大切にするのはもちろんだが、自分がどう生きたいのかをしっかり考えよう。自分のやりたいことが見つかったら、とことん突き進んで思いっきりやってみよう!」「勉強はしておいた方がいい。特に、今、具体的な夢が見つからない人は、勉強しておくとあとで自分の進むべき道を考えるときの選択肢が増える。」など、一人一人の心に響くアドバイスを送ってくださいました。生徒の皆さんには、創立70周年記念事業実行委員会から、記念品として、70周年記念マスコット「ヒヨ子浜」がプリントされたエコバッグ、モバイルバッテリー、「光輝燦然」がプリントされたタオル、お菓子が配付されました。生徒中心の記念事業をご準備くださった、実行委員の皆様、ありがとうございました。2月末には、創立70周年記念誌が発行される予定です。