9月23日(日)秋分の日、第49回本牧・根岸地区運動会が本牧南小学校グランドで開催されました。65名もの鳥中生ボラティアが、受付、用具、出発合図、決勝審判、会場、賞品などの係に分かれて運動会の屋台骨を支える存在として大活躍してくれました。お昼の時間には、吹奏楽部が演奏を披露して運動会の雰囲気を盛り上げてくれました。町内会長やスポーツ活動推進員、青少年指導員など、地域役員の方から、「鳥中生がこれだけ手伝ってくれると大変助かり、ありがたい。」「この運動会に欠かせない貴重な存在です。」などなど、たくさん声をかけていただきました。各町内会・自治会の選手として活躍する鳥中生も目立ちました。綱引きで準優勝、総合優勝にも輝いた本牧大里町、町内対抗リレーで優勝、総合第3位の本牧原、総合準優勝の本牧元町南部、それぞれ揃いのTシャツで団結・協力した本牧三之谷、本牧元町北部、ポートハイツ、根岸、間門荒井… 各町内会・自治会のまとまりと、本牧・根岸地区の「地域力」のすばらしさを感じた一日になりました。ボランティアとして頑張った鳥中生の皆さん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました!

また、この3連休、各運動部は、それぞれ練習(試合)や大会などで汗を流しました。1,2年生主体の新チーム、新たな目標に向かって力強く前進し始めています。頑張れ、鳥中!!