7月6日(金)開校記念会館で、中区防犯サミットが行われました。これは、安全で安心して生活できる地域づくりをテーマに「守ろう地域 目指そう安全 できることから一歩ずつ」をスローガンとして掲げて、中区内の中学校生徒会が主体的に活動を進めており、その課題や成果について発表し合うものです。中区内の学校関係者、県警本部生活安全課、中区内警察署、中央児童相談所、中区役所、そして地域で活動されている保護司、主任児童委員、少年補導員の方など多くの大人が耳を傾ける中、各校工夫を凝らした発表が行われました。大鳥中学校でも、 生徒会の代表として、副会長の菅原さん、一栁さん、書記の門脇さんがパワーポイントを使って大鳥中の取組を発表してくれました。日常的な「あいさつ運動」のほかに、本牧南小に出向いて、登校してくる児童との交流を続けていること、被害が後を絶たない「オレオレ詐欺」被害を防ぐために山手警察署と協力して啓発活動を進めていること、について報告しました。報告を聞いた大人たちからは、中学生の意識の高さに、頼もしく思うと共に、今後も中学生の継続した活動に期待するという声が寄せられました。