6月13日(水)体育大会全体練習を行いました。服装、態度、行動、どれをとってもすばらしい鳥中生の姿を見ることができました。特に目立ったのは、用具、招集、放送、決勝審判など、係生徒の一生懸命自らの役割と責任を果たそうとする姿勢です。初めての練習ですから、失敗は当たり前。でも、この姿勢があれば、失敗を教訓に本番での動きに活かされることでしょう。

プログラム練習では、全クラス1分間の大縄跳びにチャレンジ、3年3組が44回も跳んで存在感を猛烈にアピールしていました。また、体育大会の「華」色別対抗リレーも真剣勝負!青組がぶっちぎりで優勝です。ただし、今日はあくまでも「全体練習」、体育大会当日、どのような勝負が展開するか、とても楽しみです。

全体練習の最後に、創立70周年記念事業実行委員会が作ってくださった「70周年の横断幕」が披露されました。生徒会でも、70周年にちなんだ取組を始めるようです。大鳥中学校にとって、70周年という記念すべき年に出会えたすべての人たちと、記録と記憶に残る一年間にしていきたいものです。