1月17日(火曜日)山手警察署で「武道始」が行われ、大鳥中から柔道部と吹奏楽部が特別参加しました。警察官の皆さんの日頃の厳しい鍛錬がうかがえる剣道と柔道の試合の後、柔道部が「投げ技披露」を行い、署員を相手に「背負い投げ」「体落とし」などの投げ技を見事に決めるなど、見学者から感嘆の声や盛大な拍手を浴びました。また、吹奏楽部も場の雰囲気にぴったりの曲(唱歌メドレー、川の流れのように等)を演奏し、山手警察署の大切な行事に華を添えてくれました。写真にも写っていますが、岡田教育長も来られていて、大鳥中生徒の活躍に目を細めていらっしゃいました。また、中区にお住いのFMヨコハマDJ、栗原治久さんからインタビューを受け、誠実で前向きな受け答えがとても印象的でした。18日の読売新聞でも、記事が掲載されました。