10月12日、13日に、中区中学校個別支援学級合同宿泊学習が愛川ふれあいの村で行われ、私も1泊2日同行しました。1日目は天候に恵まれ、県立あいかわ公園でダムの放流を見学し、公園内の散策を楽しみました。1日目の「夕べの集い」と2日目の「朝の集い」は、大鳥中学校が準備・運営を担当し、学習室の生徒の皆さんがそれぞれ自分の役割をしっかり果たしてくれました。1日目の夜から2日目にかけては、一気に秋の深まりを感じさせる気候となりましたが、食事も睡眠もたっぷりとれて体育館でのスポーツ大会では元気いっぱい活動して、中区内の中学校との交流も深めることができました。それぞれの成長を実感できる機会でもあり、これからの課題も発見できた貴重な行事となりました。