+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++  

<<化祭**合唱コンクールの部**>>    

 

 11月5日(月)みなとみらいホール(時間:12:1015:35)にて開催

されました。

 

<校長先生のお話>   

  生麦中学校の学級の歌・合唱が、学年の歌・合唱となります。

 各学年の合唱が生麦中学校全体の歌・合唱を創り出し、学校の伝統とし

 て積み重ねられます。

  これは、学校から家庭 地域へと広がるものです。伝統を別の言葉で

 表せば、絆とも言えるでしょう。  

  皆さんも歌が生麦中学校の伝統を創り、家庭や地域をつなぐ絆となり

 ます。

  このみなとみらいホールに響き渡る、希望と友情のハーモニー、

 クラスでの心のこもった、クラス独自の合唱を楽しみにしています。

 

 <荻田先生(音楽科)より講評>

  みなさん、お疲れ様でした!今日この日を迎えるまでに、各クラスで

 は、教えあいながら心1つになろうと取り組み、しかし時にぶつかり合

 ったり様々なドラマがあったのではないでしょうか。

  本番では、綺麗な歌声がみなとみらいホール全体に響き渡っていまし

 た。これから各学年にコメントをしていこうと思います。

 

  1年生 : 合唱コンクールというもの自体が初めてで、どのような

                    ものなのか、想像がつかない人がたくさんいたと思います

                       しかし、本番が近づくにつれ、先輩たちの歌声が廊下で

                    き渡り、学活や総合の時間そして音楽の時間を通して除

                    に取り組み方をつかんできたのではないでしょうか。

                     この経験をぜひ来年に活かしてくださいね。

 

  2年生 : パートリーダーを中心に音楽の授業中に「先生、ここは

                    どのように歌えばもっと綺麗な響きに聞こえますか」など

                    1年生の経験からパートごとの響きを重点的に着目して取

                    り組んでいるクラスが非常に多かったように思います。

                       来年は、技術的なことに加え、歌詞の内容や強弱など、

                    楽曲に対する思いをさらに深く研究してみてください。

 

  3年生 : 3年間の集大成ということもあり、何よりもみなさんの

       合唱に対する熱い思いがこのみなとみらいホール一帯に広

       がっていました。特に全体合唱の「大地讃頌」は圧巻でし

       た。各カラス、パートリーダーのみならず、指揮者伴奏者

       とも連携を図り、楽曲に対する研究、クラス全体での目標

       が明確になっていたと感じます。また、音取りの段階で伴

       奏者が率先してパートごとに教えていたり、教えあう姿を

       多くみることができ「さすが!」と思いました。

        この経験をこの先もぜひ覚えていてもらいたいです。

 

  

 

 

 

みなさん、本当にお疲れさまでした!

そして素敵な歌声をどうもありがとう!!

+++++++++++++++++++++++++++++++++