8月31日

 8月も今日で終わりです。今日も暑い一日でした。ポリテクセンターでは、希望が丘南地区連合自治会主催の「第3回防災フェスタ」が行われ、1000人以上の来場者がありました。本校吹奏楽部も出演し、フェスタの締めくくりを飾ってくれました。

 暑さの中、吹奏楽部員の皆さんは、汗をかきながら一生懸命の演奏でした。お疲れ様でした。「あさひくん」も暑かったことでしょう。

 

8月30日

 2学期始業の翌日から学級担任との面談が行われています。夏休みの様子や、3年生は上級学校への見学の報告などが話題の中心です。どこのクラスも良い雰囲気で話が進んでいました。

 

 9月1日の防災の日を前に、本日、大きな地震を想定した避難訓練を行いました。雨天のため、避難場所を体育館に変更しましたが、生徒たちはおしゃべりもなく、真剣に訓練に臨んでいました。紹介をし忘れましたが、明日、希望が丘南地区主催の防災フェスタがあります。時間があれば、行ってみてください。

 

8月29日

 旭区子ども会議が、新しくできた二俣川地域ケアプラザで行われ、36校ある小中学校の代表児童・生徒が集まりました。誰にとっても居心地の良い学校とは…というテーマを各中学校ブロックで事前に話し合い、掲示物にまとめて発表しました。南希中の発表は生徒会長の山口さん、会全体の司会と進行を小笠原さんと馬場さんが担当してくれました。3人とも素晴らしい活躍ぶりでした。

 

 華道部の作品を届けていただきました。リアトリス(紫)とミニバラを使った作品です。リアトリスは、まっすぐ上に伸びていく様子から、花言葉は「向上心」だそうです。立派な作品をありがとうございます。

 

8月27日

 令和元年度2学期が始まり、生徒たちの元気な声が戻ってきました。朝一番で始業式を行い、全校生徒が集いました。式の後には、部活動表彰と校外クラブ等の関東、全国大会の報告がありました。

2校時から授業が行われ、どの学年も落ち着いた雰囲気の中でスタートしました。

 

 生徒下校後は、先生方の研修会です。旭区サンクリニックの小児科医・相澤芙美子先生をお招きし、「生徒理解」をテーマに、中学生の心と体についてご講義いただきました。相澤先生は、善部小とさちが丘小で校医をされていますので、本校生徒の半数がお世話になっていたことになります。

 

 

8月1日 

 高円宮杯第71回全日本中学校英語弁論大会地区予選会が西公会堂で行われ、3年生大杉千紘さんが出場しました。「what teaches me in club activity(部活動が教えてくれたこと)」と題し、部長を務める吹奏楽部で仲間や先生に支えられて活動してきたことを堂々とスピーチしました。