赤ちゃんとのふれあい体験

 3年生は、生命誕生の素晴らしさ、生きることの大切さを学ぶ機会を持ちました。最初にバースコーディネーターの青木千景先生をお招きし、誕生学の講演を聞きました。赤ちゃん自身が生まれてくる大変さを通して、命の大切さを学びました。

 

 

 

 

 

 

 講演に続いて、妊婦ジャケットを着用して、妊婦さんの様子を感じたり、赤ちゃん人形を使って抱っこの仕方を学びました。

 

 

 

 

 

 

 そして、地域にお住いの方々にご協力いただき、赤ちゃんとのふれあい体験です。30名を超える赤ちゃんが来てくれて、中学生は貴重な経験をすることができました。心が癒される時間でした。何年かして、南希望が丘中学校に入学してくるのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の学習では、地域の親子の皆さんだけでなく、旭区役所の助産師の皆さん、K.Kネットの皆さん、PTAサポート委員の皆さんなど、たくさんの方々にご協力をいただきました。ありがとうございます。