お正月の風物詩

 書初めは冬休みの学習課題の定番ですが、今日は3年生の教室で練習をしている様子を見させてもらいました。教室の机では狭いということで、寒い廊下でゆったりと練習している人もいました。新年の教室は力作で飾られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 図書室では1年生が百人一首。以前お伝えした3年生に比べると、上の句を読まれた瞬間に取れる人は少ないようです。ただ、どの学年も共通して「千早ぶる・・・」だけは、早いです。何かしらきっかけがあると、覚えやすいのでしょう。たくさんのきっかけを作れば、たくさん覚えられるということですね。