平成31年度がスタートしました。

     

  

本校では4月5日に新入生193名をむかえて、新年度をスタートいたしました。当日は寒さも心配しましたが、暖かな日となり、おだやかな入学式となりました。始業式着任式では新しい学級に戸惑いながらも、生徒の皆さんが長時間にもかかわらず、まじめな態度で取り組んでいることに改めて上の宮の生徒たちに感動いたしました。着任者は副校長小宅実(横浜吉田中より)国語科篠原茂孝(新採用)境光春(祝原中より非常勤)社会科米山夏樹(藤の木中より非常勤)数学科亀井翔太(泉が丘中より)理科永井泰聖(東山田中より)技術科菅春樹(臨任)英語科柴山周平(根岸中より)神田千鶴子(松本中より臨任)個別支援 照沼可琳(臨任)スクールカウンセラー秋山祐子(十日市場中より)職員室アシスタント 林 幹子(新採用)12名が着任しました。新たな流れが加わり、より力強い学校に発展していくことを願っています。入学式も整然と行われ、式や集会を大切にしてきたといわれる上の宮中学校の伝統の良さを感じさせられました。始業式では目標を持つことの大切さと今年度から変わったこと(下校時刻・自動販売機)についての注意、入学式では夢や目標を持ち続けること、人には必ず優れた面がある。それを心がけて見つけるようにしてほしいことやどんな人とでも一緒に行動したり、会話したり、自分の考えや伝えたいことを人にいやな思いをさせないでお話しする力が必要であるなどのお話をさせていただきました。みなさんの式に臨む真剣な姿勢は、どんな成長を見せてくれるか期待させるものでした。

 

 

本校の教育目標

  

私たちは

 ○生涯学び続けることができる人    (知)

 ○何事にも努力し実行できる人     (徳)

 

   ○自他の生命を大切にし心身の健康な人 (体)

 

 ○「まち」から学び、社会に貢献できる人(公)

   ○自他を認め合い、共生できる人    (開)

                                                            を育てます。

 

 

 

校訓

  1. 努力
  2. 自律
  3. 敬愛 

家庭との連携

上記の目標達成に向けて本校教職員一丸となって取り組んでいく所存です。子ども一人一人の「良さ」や「秘めた力」を引き出し、それらを伸ばしていきたいと思っています。また、そのために、学校と家庭・地域との連携を図っていくつもりです。特に、今年は学校Webサイトを通じた情報の発信を積極的に行っていきたいと考えておりますので、是非、皆さん楽しみにしていてください。

最後に 

家庭・地域の方々の本校の教育活動に対する、ご理解・ご協力・ご支援をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。