少しだけ生徒が来校しました

休業中の追加課題を配布するため、都合のつく生徒に学年毎、学級毎に時間を分散して、少し間登校してもらいました。

配布場所は、屋内ではなく、校門を入ってすぐの青天井。晴れていたのは、幸いでした。

「(課題を見て)こんなにあるんだ」といううんざりする生徒。「久しぶり」と友達とあってハイタッチ。「もう、帰らなきゃいけないの」と名残惜しむ生徒と反応は様々。でも、一番嬉しそうだったのは、生徒の元気な姿を見れた先生方だったかもしれません。