夏休み明け間もない30日(金)に、東山田中学校ブロック学校運営協議会とブロック小中一貫教育連携の一環として「地域小中学校合同研修会」が開催されました。

本年度は、研修会に先立ち、中学校の授業を山田小、北山田小、東山田小の先生方に参観していただきました。続いて、学校運営協議委員と小中学校の職員、視察で来られた方々と研修会をもちました。講師に前・市ヶ尾高校校長の増渕広美先生をお招きし、「15歳のバトン」というタイトルでご講演いただきました。義務教育9年間の学びから高校へのつながりを意識し、子どもたちの資質・能力を育成していく考え方や、高校生になった子どもたちが学びながら力を発揮する様子などをお話しいただきました。参加した方々は、様々な立場で子どもたちの育成に携わるためのヒントをいただきました。

研修会のあと、増渕先生もご参加いただき懇親会を催しました。各グループでご講演の感想や取り組みの情報交換、楽しい懇談などが聞かれ、有意義な時間となりました。