3月4日(月)、3年生を対象に命と性の学習を行いました。お話してくださったのは、都筑区福祉保健センターの保健師の高村千恵子さんと助産師の森川浩美さんです。

 男女の考え方の違いや性感染症にも触れながら、一時の感情や衝動にまかせて行動することで、失ってしまうものがたくさんあること、ネットやSNSでの色々な情報に流されず、何が正しい情報なのかを見極める力、自己決定力をつけてほしいこと、などお話してくださいました。

 これから卒業して様々な人と関わるであろう3年生の心に響いたようです。生徒の感想に、自分の行動に責任を持ち、相手の気持ちを思いやりたい。自分の体、人生、そして命を大切にしていく。という気持ちが現れていました。

3年生の講演の様子