2月20日(火曜日)、アリーナで3年生対象の「命の学習」が行われました。卒業にあたり、命と性について改めて考えながら望ましい行動を選択できるよう、理解を深め意識を高めることを目的としています。横浜市都筑福祉保健センターより保健師さんと助産師さんを講師にお迎えしました。思春期の心と身体の成長、悩み、男女の違い、性のとらえ方、情報との付き合い方など、さまざまな角度からお話がありました。「自分を大切に、リアルを大切に、相手の人生も大切に、それぞれかけがえのない存在だと忘れないで共に成長する喜びを」というメッセージを一人ひとりが胸に刻んでいってほしいと思いました。