横浜市長のコメント

緊急事態宣言の期間延長に関する市長コメント(令和2年5月4日)

 本日、政府は、全国を対象として「新型コロナウイルス緊急事態宣言」を、5月31日(日曜日)まで延長する方針を決定しました。全国的な感染拡大が収束しておらず、医療提供体制も依然として厳しい状況であることから、やむを得ない措置であると思います。

 横浜市は、緊急事態宣言の期間延長に伴い、市立学校の一斉臨時休校をはじめ、横浜市が主催するイベント等の中止、延期や市民利用施設等の閉館を、延長していきます。

 特に、市立学校の一斉臨時休校については、この間、教育長と状況の推移と今後の対応について意見交換を重ねてきましたが、政府の期間延長を受け、横浜市教育委員会として5月31日(日曜日)まで一斉臨時休校の措置を延長することとしました。
児童生徒をはじめ保護者の皆様は、引き続き学校に通うことができない不自由な生活が続くこととなります。新しく1年生となって学校生活を楽しもうと待ち望んでいた子どもたちや、受験を控え大きな不安を覚える生徒の皆さんのことを思うと、私としてもつらい思いです。ぜひ、現下の状況にご理解をいただきたいと思います。
横浜市としても、学習能力の向上や健康的な生活をしっかりと確保し、現状を改善していくことに全力を注ぎます。教育委員会では、ご自宅への学習動画のインターネット配信について、これまでの実績を活かしてより一層強化し、学習機会の確保を進めます。緊急受け入れや校庭の開放についても、より充実させ、健全な生活や発達を促す機会を継続するなど、最大限の対策を講じてまいります。学校現場だけではなく教育委員会とともに、市全体で子どもたちをサポートしてまいります。

 横浜市は、「新型コロナウイルス感染症くらし・経済対策」として、過去最大となる5,743 億円の補正予算案を取りまとめました。今後も状況に応じて対策を充実させ、市民の皆様、事業者の皆様、医療に携わる皆様を守ることに、全力を尽くしてまいります。
横浜市民の皆様、お一人おひとりの行動が、命を守る、大切な人を守る、社会を守ることにつながります。ご一緒にこの困難を乗り越えてまいりたいと思います。引き続き、ご理解、ご協力をお願い申し上げます

(リンク)↓

 www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/koho/topics/mayor-comment.html#F5783

  1.  

 

市立学校の一斉臨時休業期間の延長に関する教育長コメント

 学校での楽しい時間を心待ちにしている子どもたちのことを想うと、少しでも早く学校を再開したいと願うばかりです。しかしながら、全国的な感染拡大、本市における感染者の増加が止まっていない状況で、子どもたちや教職員の健康と安全を第一に考え、5月31日(日曜日)まで一斉臨時休業の措置を延長することとしました。


《保護者の皆様へ》
現在、横浜市教育委員会では、子どもたちの家庭学習に活用できるよう、インターネットによる学習動画の配信に取り組んでいます。学校から配付される学習課題やプリント等と併せてご活用ください。また、ご家庭での学習状況に加えて、健康状態や休業中の過ごし方など、様々なことに不安や疑問が生じた場合には、いつでも、子どもたちが通う学校にご相談ください。学校としても、休業期間の長期化を受けて、学級担任等が中心となって、定期的に電話連絡等を行い、子どもたちの心身の健康状態を把握したいと考えています。ご協力をお願いします。

 なお、休業中の子どもたちの居場所として、また、健康保持、運動機会の確保等を目的に実施している緊急受入れや校庭開放についても、各学校において、感染拡大防止のための措置を講じたうえで、子どもたちの健康状態を丁寧に確認しながら継続してまいります。


 学校が再開できたときには、子どもたちが元気に登校できるよう、様々な支援を行ってまいります。引き続き、ご理解、ご協力をお願いいたします。

臨時休業期間

緊急受入れ

休業期間中、保護者の皆様の就業その他家庭での対応が困難な場合は、各学校において「緊急受入れ」を実施します。

実施期間

令和2年5月7日(木曜日)から5月29日(金曜日)のうち土日を除く日

対象

  • 小学校1年生から小学校4年生
  • 小学校、中学校個別支援学級(全学年)
  • 特別支援学校(全学部)

※上記以外で、障害などにより1人で家庭で過ごすことが実際に困難で、保護者からお申し出があった場合は、学校が状況を確認のうえ、必要に応じて「緊急受入れ」を行います。
※小学校1年生は、発達の段階等に応じて、原則、保護者等が送迎を行うなどの配慮をお願いします。

給食・昼食

  • 小学校の給食、中学校のハマ弁は実施しません。
  • 特別支援学校の給食・昼食は実施します。

受入れ時間

原則、通常の課業時間内とします。

特別支援学校の登下校

スクールバス等は、通常時と同様に運行します。

校庭開放

児童の居場所の確保及び健康保持、運動機会の確保のため、小学校において校庭開放を行います。

対象児童

校庭開放を行う学校に在籍する児童

校庭開放を行う日

令和2年5月7日(木曜日)から5月29日(金曜日)のうち土日を除いて学校が定める日

登校日

緊急事態宣言の発令を受け、当面の間、登校日は設けません。

学習動画の配信

児童生徒が規則正しい生活を送り、学習習慣を継続できるように、教科書に基づき、休校期間中に予定されている学習内容について、教育委員会が作成した動画を配信しています。

対象児童生徒

小学校(小学部)1年生から高等学校(高等部)3年生

対象教科等

小学校(小学部)と中学校(中学部)は、全教科等を対象とします。
高等学校(高等部)及び附属中学校は、各学校において判断します。

配信開始日

4月8日(水曜日)から配信しています。
ID、パスワード等の詳細については、各学校からご連絡しています。

動画配信に関するお知らせ

臨時休業期間中の学習保障のための動画配信に関するお知らせ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

教育委員会事務局小中学校企画課

電話:671-3265

 

 (リンク)↓

www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kosodate-kyoiku/kyoiku/sesaku/hoken/rinjikyugyo.html