全商情報処理検定が実施されました。延べ435名の生徒が受験しました。
       
部門・部門 受験者 合格者 合格率
1級ビジネス情報部門 155 44 28.39%
1級プログラミング部門 5 4 80.00%
2級ビジネス情報部門 211 111 52.61%
2級プログラミング部門 5 5 100.00%
3級 32 31 96.88%
       
 情報化社会において,コンピュータを学ぶことはとても重要なことです。
 情報処理検定を取得することにより,コンピュータを主体的・創造的に活用する能力の証明となります。
       
       
 年度初めに2カ月の臨時休業があり,例年と比べ実習の時間が短くなってしまいましたが,これまで以上の成果が出せたと思います。
       
       
       
過去の神奈川県全体の受験者数と合格者数  
令和元年度 1月 受験者 合格者 合格率
1級ビジネス情報部門 529 46 8.70%
1級プログラミング部門 61 22 36.07%
2級ビジネス情報部門 1,117 481 43.06%
2級プログラミング部門 180 107 59.44%
3級 870 559 64.25%
       
平成30年度 1月 受験者 合格者 合格率
1級ビジネス情報部門 400 34 8.50%
1級プログラミング部門 76 43 56.58%
2級ビジネス情報部門 1,270 725 57.09%
2級プログラミング部門 190 87 45.79%
3級 825 503 60.97%
       
平成29年度 1月 受験者 合格者 合格率
1級ビジネス情報部門 692 190 27.46%
1級プログラミング部門 58 31 53.45%
2級ビジネス情報部門 1,231 847 68.81%
2級プログラミング部門 189 104 55.03%
3級 625 278 44.48%
公益財団法人 全国商業高等学校協会より