横浜中華街の入り口、延平門のすぐ近くにある白い校舎、それがみなと総合高等学校です。本校は平成13年に設立された総合学科高校です。総合学科では幅広い選択科目を開設し、生徒が自分自身の個性を生かし、主体的に選択し、実践的・体験的な学習を進めています。

 

 本校の教育目標は「人間力を高める」です。「人間力」とは、一人の自立した人間として、また、これからの国際社会で活躍する人間として必要とされる力のことです。この教育目標達成のために次の3つの力を養います。

1つ目は、「知識活用力」です。今まで身に着けた基礎・基本の定着を図り、さらなる学力の向上を目指します。また、主体的に学ぶ力を伸ばし、状況に応じて蓄積した知識を適切に活用する力を養います。

2つ目は、「自己実現力」です。本校は、多くの特色ある科目が用意されています。将来の夢を実現するため、生徒自らの目標に沿った科目を選択して、主体的に学習に取り組める姿勢を育成します。また、将来の夢がまだ見つからない生徒には、学校全体で組織的に取り組み、「産業社会と人間」や「総合的な学習の時間」、「総合的な探求の時間」などの時間を中心に、キャリア教育を行い、将来の夢を見つけられるようサポートしています。

3つ目は、「人間関係力」です。さまざまな教育活動をとおし、自己肯定感を高め、自己理解を深めることで自らが成長します。そして、他者理解を深め、信頼関係を築く力を育てることで、温かな人間関係を築くことができます。

 本校はカナダ ブリタニア高等学校と中国 上海市工商外国語学校の二校と姉妹校提携し、毎年国際交流を行っています、また、毎年留学生を受け入れています。この国際交流は語学力の向上のみならず、グローバル社会で生きていく力、「人間力」の育成につながっています。

 

 本校は横浜市立高等学校の中では比較的新しい学校です。開校当初は校歌がなく、生徒からの公募により歌詞を決定し、地元出身のアーティストの横山 剣様によってメロディーがつけられ、完成しました。校章は開校10周年を記念して、生徒からの公募作品の中から選び、制定したものです。生徒、保護者、地域の方のご協力の中、歴史を積み重ねている学校なのです。

 これからのみなと総合高等学校がさらに前進していくために、本校の教育活動へご理解とご協力をいただけますよう、よろしくお願いいたします。

 

 校長 宮村 浩文