9月から練習してきた「にじ」と「未知という名の船に乗り」を演奏してきました。

「にじ」は、斉唱でしたが、サビにリコーダーを入れたり最後にソロを入れたりして演奏しました。「未知という名の船に乗り」は、2部合唱にチャレンジし、朝の時間や授業中のパート練習に力をいれてきました。

17日に全校児童の前で発表し、全校児童の声援を受け、本番を迎えました。

本番では、磯子公会堂で磯子区の小学校5校の児童の前で、響きや言葉の意味を相手に伝えることを意識して、堂々と発表することができました。