学校長あいさつ

 

山下小学校は、明治5年(1872年)に「中村学舎」として開校しました。横浜の小学校の中でも初期にできた学校の一つで、市内で最後まで残っていた木造校舎は、私が教職についた時も山下小学校分校として活用されていました。これまで、校名や所在地を変えながら、現在に至り、2022年には開校150周年を迎えます。
本校の歴史と伝統は、先人の努力と地域の支えがあって、創造されてきました。変化の激しい21世紀において、不易流行の理念を大切にし、学校経営を行っていきます。
『やさしさ いっぱい かがやく えがお』をキャッチフレーズに、「自分の生き方を切り開く子どもの育成」を目指して、教育活動をより充実させていきます。これからも、ご理解とご協力をお願いします。

                   横浜市立山下小学校 校長 中嶌 弘喜