コロナ禍の今年、なかなか子ども同士が触れ合う機会をもつことができなかったのですが、1年生と6年生が交流会をもつことができました。6年生は、国語の授業で、1年生と6年生が仲良くなるために、「どちらも楽しめて対等に遊べる遊び」、「感染予防を考えた遊び」を話し合ってきました。手を洗ってからのドッジボールや、だるまさんがころんだ、室内遊びなど、どのグループも1年生と6年生が本当に楽しそうに遊ぶ姿が見られました。次回もぜひやりたいとの声が上がり、6年生はさっそく反省点を振り返り、改善策を探していました。