五年生が図工で「わくわくプレイランド」という作品を作成中でした。ビー玉を使って楽しく遊べるように迷路を作るそうです。ビー玉がすぐにゴールに到達しないように通り道に穴を開けたり、回り道になるように通路を曲げたりと様々な工夫をして作成している様子を聞くことが出来ました。紙の箱だけでなく割り箸や厚紙などを使っての作品もありました。みんなそれぞれに工夫して楽しく遊べる「わくわくプレイランド」を作成中でした。