昼休み時間終了のチャイムが鳴って教室へ向かう子ども達。一緒に歩いていると、ふと振り向いた子が「先生、あれ見て!」と言って見上げた青空に飛行機が飛んでおり、その後から飛行機雲が出来ていました。ほかの子ども達も、「ワァ、すごい!」「きれい!」等々と言っていました。考えてみれば、季節はもう春。別れと出会いの季節です。六年生の教室の前の廊下には「旅立ちの朝」の習字の作品。いつかこの子達の中にも、あの飛行機雲の果てまでも大きな飛行機に乗って遠い異国の地に行く子がいるかもしれません。みんな少しずつ大人になっていくんだねと成長を感じるこの頃です。

 本日の給食のメニューは「むぎごはん、ひじきごはんのぐ、ごじる、メヒカリフライ、ぎゅうにゅう」でした。