五年生が理科室で「ものが水にとける量」という単元で、「ものが水にとける量には限りがあるのだろうか」を調べる実験をしていました。今回は食塩とミョウバンを使用して、それぞれ小さじで正確に量りながらの実験です。ビーカーに入れた食塩やミョウバンをガラス棒でかき混ぜながら、「もう溶けなくなったよ。」とか「食塩とミョウバンでは溶ける量に違いがあるね。」など様々なつぶやきが聞こえます。同じように見えてもそれぞれの溶ける量には違いがあり、また溶ける限度もあることを実感していました。それぞれが主体的に取り組み、とてもしっかりとして楽しい実験の風景でした。

 本日の給食のメニューは「まるパン、カレービーンズシチュー、キャベツサラダ、みかん、ぎゅうにゅう」でした。