流れる水はどのようなはたらきをするのだろうかということを課題にして五年生が砂場で水を流して実験をしていました。砂の山に川のように曲がった所のある溝をつけて水を流し、水が流れた時の地面の様子の変化を調べていました。水を流す前と比較して地面の削られ方や砂の積もり方はどのように変わっただろうか、流れの速さや水のにごり方はどうだろうかなど様々なことを調べていました。予想した通りだったこと、予想とは違っていたことなど行ってみて初めてわかることがたくさんある学習でした。

 本日の給食のメニューは「むぎごはん、あきあじごはんのぐ、さつまいもとくりのあまに、すましじる、ぎゅうにゅう」でした。