家庭科室の前を通りかかると素敵な作品が展示されていました。よく見ると五年生が作ったフェルトの作品でした。家庭科の先生にお話を聞くと五年生で手縫いをするのでフェルトの作品を仕上げる中で名前を糸で表現したりボタンをつけたり並縫いや返し縫いなどの練習をしながら作品を完成させたということでした。特に今年の五年生は落ち着いて話を聞ける子ばかりなのでよく聞いて取り組むことがとても良く出来ているしっかりした五年生だそうです。お話をよく聞けるのはとても大切なことです。それをみんなが出来るのは素晴らしい五年生だと思います。素敵な作品と素晴らしい子ども達の話を聞くことが出来ました。

 本日の給食のメニューは「はいがごはん、おやこどんのぐ、みそしる、かき、ぎゅうにゅう」でした。