「角材と薄い板をくぎで打って、つなぎ方や動き方を工夫することを通して、形や色、方法や材料を工夫する力を培う」ということを学習課題にして、図工室で三年生が金づちを使ってトントンとくぎを打っていました。真っ直ぐにくぎを打つというのはやってみると意外に子ども達にとっては難しいようです。金づちを力任せに打たずに良く考えて丁寧に力を加減しながらゆっくり打つ。そして思い通りにいかなかったらくぎ抜きでくぎを抜き、やり直すなどの作業をしながらみんな楽しくくぎ打ちをしていました。そしてみんな少しずつくぎを打つのが上手になっていくようでした。図工室からは「トントン、トントン、・・・」と、いつまでも軽快なくぎを打つ音が聞こえていました。

 本日の給食のメニューは「はいがごはん、ぶたかくにどんのぐ、みそしる、ぶどうまめ、ぎゅうにゅう」でした。