六年生が、家から持ってきた靴下を洗っていました。今は家で手洗いをする機会も昔ほど多くないと思いますが、家庭科では洗たくの手順や洗い方などを知り、実際に自分で洗ってみます。手洗いと洗たく機のそれぞれの良い点に気づき、それぞれに適した洗たくを学習します。そして汚れを落として衣服を気持ち良く着るために衣服の手入れに関心を持ち、洗たくの必要性を理解します。六年生の洗たくの実習では、一人ひとりの間隔を十分取り、換気をしつつ、全員が一方を向いて活動するなど工夫をしながらていねいに靴下を洗たくしていました。六年生は最高学年です。とても立派でした。