二年生は今「小さななかまたち」という単元で「身近な場所で生き物を探し、飼う活動を通して生き物の生態や自然環境とのつながりに気付き、生き物や自然への親しみを持つと共に大切にすることができるようにする」ということをねらいとして各クラスで様々な小さな生き物や虫などを飼育しています。子ども達は「虫探し」を通して校庭の片隅の草の中にも驚くほど豊かな自然があり、虫たちが生息していることに気付き、その楽しさを感じていたようでした。

 本日の給食のメニューは「むぎごはん、だいずとじゃこのいりに、おやこに、ぎゅうにゅう」でした。