今、四年生は図工で「木々をみつめて」という題材に取り組んでいます。「気に入った木をみつけて、色づくりや筆使いなどを工夫することを通して、形や色などを工夫する力を培う」ということで、校庭で全員で木の観察をして、教室で絵の具を使用して木の形、枝の様子などを楽しみながら表現していました。描き終わった絵は、黒板に貼ってみんなで鑑賞。それぞれ一人ひとり個性が出ていて、とても素敵な絵ばかりでした。人の数だけそれぞれの思いの数もあることがわかります。