本日6月2日(火曜日)は、横浜の「開港記念日」です。1859年旧暦6月2日に、アメリカ・オランダ・ロシア・イギリス・フランスの5ヵ国すべてに対して開港されることになりました。もともと「神奈川」が開港の候補地とされていましたが東海道沿いで外国人とのトラブルが予想されたため、当時人が少なく取り締まりがしやすい「横浜」の地が選ばれたそうです。今年の2020年6月2日(火曜日)は、横浜が開港されて161年目に当たります。今では横浜市の人口は370万人以上になり世界でも有数の都市となりました。(参照文献:横浜開港150周年記念小学校用副読本「わたしたちの横浜」より)