先日、五年生が田植えを行いました。田んぼの土づくりから始めて、田んぼにするのに何日もかけ、やっと田んぼらしくなりました。そんなに広くはないのですが、みんな一生懸命に取り組み、田植えの日を迎えました。今回も地域の農家でもある岡本様から多大なるサポートをしていただき、子ども達は裸足(はだし)で一人ひとり苗を持って植えることに取り組みました。苗と苗との間隔はロープに付けられた印を基に、それに沿って植えていきました。五年生にとっては、裸足(はだし)で田んぼに入ったり田植えをするのも初めての子もいて、それぞれにはしゃぎながら、それでいて真剣に取り組む姿から、田植えを通して学んだことも多かったようです。今後の苗の成長が楽しみです。子どもたちのために、いつもたくさんの援助をしていただいている岡本様。いつも本当にありがとうございます。

 本日の給食のメニューは「ごはん、ごじる、きんぴら、きびなごフライ、ぎゅうにゅう」でした。