本日2月19日(火曜日)は二十四節気の一つ「雨水(うすい)」です。空から降るものが雪から雨に変わり氷が溶けて水になるという意味だそうです。草木が芽生える頃で昔から農耕の準備を始める頃とされています。「春一番」が吹くのもこの頃が多いそうです。しかし本格的な春の訪れはまだ遠く、ところによっては大雪が降ったりします。この頃から「三寒四温(さんかんしおん)」を繰り返しながら春に向かっていきます。まだまだ寒い日が続くようですが、時折暖かく感じる日が少しずつ増えてきそうです。この日にまつわる豆知識を一つ、地方によっても違うようですがこの日に雛人形(ひなにんぎょう)を飾ると良縁に恵まれると言われています。

 本日の給食のメニューは「ココアブレッド、こめこシチュー、ホットマリネ、しらぬひ、ぎゅうにゅう」でした。