2月17日(日曜日)に都筑小学校おやじの会の冬イベントが行われました。杵(きね)と臼(うす)をピロティに設置し、テントの中ではもち米を蒸します。家庭科室ではお餅を切り分けたり丸めたりの作業。今回はおやじの会と都筑小PTAの共催による「餅つき」でした。本校教職員も参加し子どもたちも加わり「餅つき」をしました。体育館ではレクレーションとして「ボッチャ」という面白いゲームをしていました。参加した子どもたちはお餅を七輪で焼いて食べたり体育館でゲームをしたりして楽しみました。今ではお餅はいつでも買えるしいつでも食べられますが、やはりつきたてのお餅の味は格別でした。おいしいのはもちろん懐かしく香ばしく田舎(いなか)育ちの私のとっては故郷(ふるさと)の味でした。

 本日の給食のメニューは「むぎごはん、マーボドウフ、ちゅうあえ、ぎゅうにゅう」でした。