2月3日(日曜日)は天気は良かったのですが、まだまだ冷たい風の吹く一日でした。そんな中、都筑小学校に地域の町内会の方々がたくさん集まり「地域防災拠点訓練」が行われました。都筑消防署の方々も協力してくれて災害時における様々な出来事にどのように対応すればよいかなどの訓練が行われました。起震車もやって来て実際の地震を想定した体験をしたりトイレの組み立て、担架の持ち運び等々様々なことが体験できました。これらの事が本当は役立つことなく平穏な日々がずっと続くと良いのですが、明日のことは誰にもわかりません。参加者一人ひとりの万が一の時のための『備えあれば憂いなし』となったのではないかなと思います。

 本日の給食のメニューは「しょくパン、わふうポトフ、ツナのカレーいため、ぽんかん、ぎゅうにゅう」でした。