1月17日(木曜日)発行の横浜市健康福祉局健康安全課・横浜市衛生研究所の「横浜市インフルエンザ流行情報6号」によると「インフルエンザ流行警報が発令されました」ということです。横浜市の学級閉鎖は授業が開始された1月の2週目では6件(小学校2件、中学校4件)の報告でしたが、3週の1月16日の時点では既に小学校を中心に100件以上の報告があり急増しているとのことです。また保育園での集団発生の報告もあるそうです。家庭での感染予防が大切とのことでした。今シーズンのインフルエンザは累計でA型99.5%、B型0.5%とA型が多く検出されているそうです。正しい手洗い等での予防、咳が出る時のマスクの着用及び早期受診などの対策が重要だそうです。改めて気をつけたいと思いました。

 本日の給食のメニューは「ごはん、みそしる、ボイルドキャベツ、とんカツ、ぎゅうにゅう」でした。