今年は1月20日(日曜日)が「大寒(だいかん)」でした。一般的に一年で最も寒い時期と言われています。二十四節気の二十四番目が「大寒」で次の「立春」が一番目になります。「大寒」の最終日(立春の前日)が豆まきでおなじみの「節分」です。旧暦の頃は「立春」が新しい年の始まりを意味していたので「節分」の豆まきは年越しの行事でもあったのです。ともあれ「大寒」は最も寒い時期ですが、寒さも底をつけば春に向かっていくだけです。長い冬がもうじき終わり、希望の春がやってくる。古(いにしえ)の文化からそんな思いが伝わってきます。

 本日の給食のメニューは「はいがごはん、にくだんごとはくさいのスープ、さかなのなんばんづけ、ヨーグルト、むぎちゃ」でした。