本日12月7日(金曜日)は二十四節気の大雪(たいせつ)にあたります。大雪(たいせつ)の意味は「山の峰々は雪をかぶり平地にも雪が降るころ」と言われています。本格的な冬の到来で動物たちも冬籠りを始めます。年末に向かいお正月の準備も始まって何かとあわただしい時期でもあります。学校でも冬休みに向けてこれまでの学習の復習やまとめ、また新年に向けた「書初め」などの練習も始まります。

 本日の給食のメニューは「はいがごはん、つなそぼろ、すましじる、ごもくまめ、ぎゅうにゅう」でした。