「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」は、正岡子規が1895年(明治28)年のこの日(10月26日)に詠んだと言われています。ですから今日は『柿の日』と制定されているそうです。正岡子規は現在の愛媛県松山市の出身で夏目漱石と親交が深く、この有名な句は、療養生活の世話や奈良旅行を工面してくれた漱石の作「鐘つけば銀杏ちるなり建長寺」の句への返礼の句であると言われています。正岡子規と夏目漱石、人と人との縁とは不思議なものです。(写真は学校の柿の木です。)

 本日の給食のメニューは「くろパン、さけのクリームに、コーンサラダ、ぎゅうにゅう」でした。