低学年の学習に「みんなであそぼうはるなつあきふゆ」というものがあります。四季のなかでも秋は様々な木々や植物が目に見えて変化します。私にとっての「秋」は、柿や栗、ススキやヒガン花、黄金色の田んぼや秋祭り等々数え上げればきりがないほどのたくさんの子どものころの思い出が目に浮かびます。今の子どもたちは何をみて秋を感じるのでしょうか。都筑小の周りにも小さな秋をみつけることができます。一つでも多くの「秋」を大好きな都筑小の子どもたちに見せたり感じたりさせてあげたいなあと思う今日この頃です。

 本日の給食のメニューは「はいがしょくパン、チリコンカーン、コーンサラダ、ぶどう、ぎゅうにゅう」でした。